2011年11月16日

山芋(やまのいも)は秋の漢方薬!

自然薯、長いも、いちょう芋、つくね芋と山芋の種類は結構豊富です。
山芋は芋種類の中で唯一生食ができる芋なのです。
それは、通常、芋の主成分であるでんぷんは加熱しないと食べれませんが山芋は消化酵素のジアスターゼが豊富なので生食が可能だといわれています。

栄養成分
でんぷん、ムチン、ビタミンB群、C、カリウム、食物繊維

なので、消化促進はもちろん滋養強壮、老化防止、肌荒れ予防や疲労回復、便秘改善などの効果 効能を備えていてまさに秋の漢方薬 薬膳料理食材といえますね。

調理方法はさまざまで火を通してもおいしく食べることができます。
長芋を下ろして大葉や海苔で挟んで油焼きや天麩羅にしてもおいしいですよね。
そのまま刻んで、茸や葱とバター炒めや味噌汁の具材などもいいでしょう。

降ろす場合は細かい卸し金かすり鉢で卸すと粘りが強くなり口当たりも良好です^^
なんといっても、日本古来から自生する自然薯は粘りが強くもっとも評判の良い山芋です。

--------------------------------

このくらいの時期から年末にかけて山の中の一部では自然薯堀が盛んに行われています。
夏にめぼしい場所を特定しておき、自然薯が大きく成長したこの季節に掘りだすのです。

yakuzenkenkou0008.jpg

posted by yakuzenryouri at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬膳 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

茄子(なす) ほとんど栄養価は無いものの、、こんな薬効があります

たんぱく質もカローリーもほとんどありません。。
主成分は糖質です。ビタミンA、B1、B2、Cを少量含みます。

いろいろな食べ方ができておいしいナスです。
秋茄子も大変おいしいことで有名です。

「秋茄子は嫁に食わすな」
秋茄子は種が無いので「子種が無い」につながり、縁起かつぎと言う説や
ナスはもともと体を冷やすもので、秋の気温が下がったときに食べると体調を壊しやすい。
などがあります。決して意地悪な意味合いで使われていた言葉ではないのですね^^

体を冷やすのを利用する薬効として
高血圧、のぼせやすい人には良いといえます。
痛みや、はれをとるといわれていますので、歯痛、腹痛にも良いとされています。
が食べるのではなく、「へた」や「かわ」を黒焼きにしたものを利用するんだそうです。。

体を冷やしますので、たべすぎには注意が必要ですね。

yakuzenkenkou0001.jpg

------------------------------------

トマト・なす―毎日毎日のおかず 6 (Gakken hit mook―素材で料理シリーズ)

posted by yakuzenryouri at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬膳 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

さくらんぼ は貧血の方におすすめ

春がすぎ、梅雨前のこの時期の一時にサクランボが出回ります。

鉄分が(果物の中では)とても多いです。ですから貧血の方には大いに食べていただきたいですね♪

他カロティンやカリウムも含みます。

貧血、疲労回復、関節炎、疲れ目予防などに効果が期待できます。

ほんの短い期間だけ販売されるサクランボですが、保存飲料として、サクランボ酒をつくっておき、疲れた時などに水で割って飲むのがよいでしょう^^

サクランボ

posted by yakuzenryouri at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬膳 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。