2011年11月28日

鮭(サケ)冷え性や貧血煮効果が期待

秋鮭今が本当においしい時期となりました。
万民に好まれ、好き嫌いのすくない魚ですよね。

その鮭は冷え性や貧血、肥満の改善を促進する成分を持っています。
その成分とはサケの肉は赤さにあります。
その赤さはアスタキサンチンという赤色カロチノイドによるもので、漢方的発想によると、体を温めてさらに引き締めてくれるのです。

ゆえに、冷え性や貧血、肥満には格好の食品になのです。

筋子やイクラにはビタミンEが多く含まれ老化防止、若返りに役立ちそうです。

寒くなってきました、鮭のお鍋でもいかがでしょうか?

鮭鍋は味噌仕立てがおいしいです。
大根、サトイモ、コンニャク、人参、豆腐などを入れてたまにはいかがでしょうか?

味付けは、お味噌汁より濃い目の味付けにして、濃くなった分を味醂で甘さを足し調整すればしっかりとしたお味のおいしい鮭鍋になりますね^^
また西京味噌などの甘味噌と信州味噌を6:4であわせた(甘めの)あわせ味噌を作ってもおいしいです。
ちょっと高級になってしまいますがお味噌の薬効も大いに期待できます。

生鮭

*********

yakuzenkenkou0011.jpg

塩鮭もおいしいですよね^^
あまり塩のきつい塩鮭が手に入ったら、ぬるま湯で程よく塩抜きして(よく拭いて)から焼いてもおいしく食べれます。
(ただし塩は抜きすぎるとまずくなってしまいますからちょっと注意が必要です)

posted by yakuzenryouri at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬膳 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。