2011年11月10日

小松菜は東京の野菜

小松菜はもともと江戸時代「葛西菜」と呼ばれていたそうです。

あの暴れん坊将軍「八代将軍の徳川吉宗」が鷹狩でたまたまこの葛西菜の味噌汁を食べて喜んだそうで
そこで「小松菜」と命名した話が残っているんだそうです。

効能として、胃もたれ、高血圧、不眠に効果があるようです。

カルシウム、鉄分、カリウム、B-カロテン、ビタミンB2、Cが豊富。
ともあれ青菜の中では栄養価の高さは抜群です。

yakuzenkenkou0004.jpg

posted by yakuzenryouri at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬膳料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。