2011年11月08日

サトイモの煮っころがし、便秘に効果あり♪

サトイモはあのねっとりとした食感がおいしいですよね!
鮮度の良いサトイモを選ぶようにしましょう。

もし使い切れないようでしたら、きれいに水洗いして水分をよくふき取ってから一度天日に干して表面を乾燥させておくともちが良いようです。

サトイモの効用ですが、あのぬめりが便秘に効果があります。
下痢気味の人や気管支炎、のどの痛みや筋肉痛などの炎症に効くようです。

サトイモの煮っころがしですがぬめりをとなるべく取らないで煮るのが良いようです。

お水(出汁)4に対し砂糖を1の割合であわせたものを、皮を剥いたサトイモがひたひたに隠れるようにして鍋にともに入れます。
中火で煮てゆきます。煮汁が1/3になったらお醤油をひとまわし注ぎ込んで、焦がさないように鍋のなかの芋をころころと転がしながら煮詰めます。出来上がり^^

サトイモが大きい場合でなかなか火が通らなかったら、水を足してやわらかくなるまで気長に煮続けます。
やわらかくなったら、上記の手順に戻り煮てゆきます。

おいしい煮っころがしはおいしいサトイモを手に入れるのが一番の早道です。
スーパーなどで売っているものを選ぶときには乾燥していないものをぜひ^^

--------------------------------------------------

yakuzenkenkou0002.jpg 

牛蒡や鶏肉と一緒に煮含めるとまたこれはこれでおいしいものです。

posted by yakuzenryouri at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬膳料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/234127198

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。