2010年04月11日

がん予防の食品

ビタミンAやカロティンは細胞膜を守っててガン予防をします。

 ガンとは、発ガン誘発物質がガン遺伝子を目覚めさせ、ガンの芽をつくり、発ガン促進物質が育てることで発生するといわれています。この過程の一部を断ち切ることができれば、理論的にはガンを予防できるはずですね。その役割を果たす有力な成分として食品に含まれるビタミンAとカロティンが注目されています。

ビタミンAやカロチンを多く含む食べ物として、

うなぎかば焼き・卵黄・牛肝臓・とりや豚の肝臓

野菜では しゅんぎく・パセリ・にら・ほうれんそう・根三つ葉・人参・小松菜などが多く含んでいます。

うな丼はあまりにも薬膳料理としては直球ですが、レバニラ炒めや春菊や小松菜のお浸し、人参のスープなどが一般的でしょう。

がん予防

posted by yakuzenryouri at 08:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬膳 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。