2010年03月31日

大根あめ

大根のビタミンCがはちみつに溶け込み、それをスプーン1〜2杯を飲むことによって粘膜を強くし、咳や扁桃腺の炎症を和らげる効果があるといわれています。

大根のさいの目切り(1センチ角)200gに200ccのはちみつでつけ、2〜3日置いたもの。液は透明になります。

大根はジアスターゼという酵素が含まれている野菜で消化促進、胃もたれなどに効果があることが有名ですね^^

他、薬効として、咳止め、利尿、口内炎、二日酔、肩こり、ニキビ、冷え症などに効果を発揮するといわれているありがたい野菜です。

栄養素たっぷりの「皮」や「葉っぱ」も捨てずにキンピラや、細かく刻んでごま油でいため、しらす干しなどを混ぜた「ふりかけ」など工夫して食べたいものです。

はちみつ

posted by yakuzenryouri at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬膳 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。