2010年02月05日

薬とは草カンムリに楽と書きますね!

漢方ではおもに植物を使った「生薬」を用いて薬としてきました。

英語のdrag(ドラッグ)もdry herb(ドライハーブ:乾燥したハーブ)が語源だそうです。

その草やハーブを改良して栽培したものが野菜や果物と考えてもよいと思います。

ということは、野菜を組み合わせた献立によって薬のような効果が得られる。

そう考えて作られるのが薬膳料理の基本的考え方だと言えますね^^

生薬

posted by yakuzenryouri at 14:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 薬膳料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。